新築一戸建てで暮らそう【ハイグレードな物件を見つけることも可能】

記事リスト

建売と注文住宅

一軒家

設備で差が出る

資産として住居を得る方法として、新築一戸建てを購入するかマンションを購入するか、その他中古を購入するかなどの選択肢があるでしょう。既に土地があるなら、そこに建物を建てるだけで得ることができます。もちろん立地の良さなども考慮しないといけませんが、土地を購入する必要が無ければかなり安く建てられるでしょう。新築一戸建てであればマンションに比べると音の問題などが起こりにくいです。将来的な外観の変更なども自由に行えます。では新築一戸建てを購入するときの費用や相場はどうなるかですが、住宅は一軒一軒微妙に異なります。ですからなかなかこの金額が相場とは言いにくいかもしれません。建売では住宅会社がすでに設計をしている建物をその場で組み立てるだけになります。内装や設備は多少変更をしてもらえる部分もありますが、間取りなどを大きく変更はできません。その分かなり安く作ってもらえる可能性があります。1千万円ぐらいから広ければ数千万円ぐらいになるでしょう。新築一戸建てを注文住宅で購入しようとすると、ピンからキリまでになります。できるだけ安くしようとすれば、建売の平均的な価格ぐらいまでにはなるのでしょう。しかし材質や設備にこだわると、その分どんどん上がります。建売など既に出来上がったものに比べると数割は割高になると考えておいた方がいいでしょう。注文住宅だと設計から考える必要が出てきます。その分自分の好きな間取りや素材を使って、住みやすい家づくりが可能になります。

Copyright© 2018 新築一戸建てで暮らそう【ハイグレードな物件を見つけることも可能】 All Rights Reserved.